長能豊一の赤ちゃん写真があまりにも愛情あふれていて、これは川島小鳥を超えたね!

赤ちゃんや小さな子供の写真で、とにかくインパクト大の作品を撮り続けていて、いまや若者に大人気の写真かといえば、川島小鳥さんの名前を挙げる人は多いでしょう。

たしかに川島小鳥さんの「未来ちゃん」シリーズは、赤ちゃん写真の傑作だと思います。

でも、これは、その川島小鳥さんを超えたスーパー傑作ではないか!

写真を見た瞬間に目がハートになった、そんな素晴らしい赤ちゃん写真が、こちらのflickrにたくさんアップされていました。

Flickr: Toyokazu’s Photostream

いくつかハートを撃ち抜かれた写真をピックアップします。


「COFFEE BREAK」と題された写真。
COFFEE BREAK

「Hijack」と題された写真。
Hijack

「THE SAMURAI SPIRIT #1」と題された写真。
THE SAMURAI SPIRIT #1


この、同じ道の風景と、淡い色彩が、なんとも素敵ですよね。

この写真を撮影しているのは、長能豊一さん。
CMプロデューサーとしてヒットCMをいくつも手がけています。

そのかたわらで、自分の娘さんをモデルにした、暖かい写真を写真投稿サイトflickrに投稿して、
今では世界中に多くのファンを抱えるようになっています。

長能豊一さんの写真をもう少し。


「Flying kids」と題された写真。
Flying kids

「Family Portrait #2」と題された写真。
Family Portrait #2
この写真なんかは、偉大な写真家・植田正治の「パパとママと子供たち」を想起させますね。

個人的にいちばん可愛いと思った、「I scream♥」と題された写真。
I scream♥


どうですか?
どの作品も、センスがすごいですよね。
可愛い小道具を効果的に使った作品もあれば、特に何もしていないスナップショット風の作品もあれば。
でも、どの作品も、光の加減、構図、そして娘さんの表情が、完璧といえるほど決まってる。
そして、お父さんの愛情がたっぷり込められている。
だけど、盲目的な愛じゃなくて、ちょっと一歩引いている部分もあるんですよね。
親としての愛情と、アーティストとしての客観的な目、そのバランスが極めて高いレベルで拮抗している。

いやー。これは。
もっと話題になってしかるべき作品たちだと思います。

ものすごい高いセンスだけど、赤ちゃんを撮影する時の参考になる部分もたくさんある。
ぜひ役に立つ部分はパクってみてください。
赤ちゃん写真がワンランクアップすると思います。

そして、最後に、この写真を。「In a dream」と題された写真です。
In a dream
たったこれだけ。
これだけで、作品として成立している、そのすごさにビックリです。
センスと、ユーモアと、愛情と、高い芸術性と。

この長能豊一さんのflickrのページには写真が500枚以上あります。
1枚1枚が、とても愛おしい作品ばかり。
じっくり鑑賞してみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ