赤ちゃんの足の裏を写してアート作品に仕上げる方法

「足の裏」というと、どうしてもちょっとバッチイ印象がありますよね。
大人の足の裏はむくんでいたり、角質でガチガチになっていたり、白癬菌がはびこっていたり・・・外反母趾などというものもあります。

でも、赤ちゃんの足の裏は、ツルンとスベスベ。
そして、とても小さい。

そんな赤ちゃんの足の裏の可愛さを後々まで残しておく方法として、
石膏で型取りしたりするサービスもあります。

それもいいですが、もっと簡単に、しかもアート作品としてインテリアにもなる「赤ちゃんの足の裏」の保存方法があるのです。

それは・・・
この画像をご覧ください。


newborn-photography-tips-3
どうですか?とても美しいアート作品だと思いませんか?
そして、お母さんの愛情が伝わってきて、ちょっと感動的です。

それにしても、赤ちゃんの足って本当に小さい!
こんな写真撮れたら、一生の思い出になりますね!
ぜひ赤ちゃんの足を撮ってみてください。


また、赤ちゃんの足を撮影したアートな写真には、こんなのもあります。
0000
これは、赤ちゃんの足に両親の結婚指輪を引っ掛けてあるのです。
なんてロマンティック!
なんて愛情たっぷり!
なんて美しい!

こんな写真を撮影した家族は、きっと強い絆で結ばれていくのでしょうね。


そして、こちらは親子が並んで足の裏を見せています。
london_maternity_photography_newborn_baby_family_twickenham_02
大人の足の裏だけだと、なんだこりゃ?と思いますが、赤ちゃんの足が加わることで、なんともほのぼのとした写真になっています。


こちらも、両親の愛情が感じられる赤ちゃんの足の裏写真です。
baby feet
これは、お父さん、お母さんの手が優しく赤ちゃんのあんよを包み込んでいるのですね。
これから何があっても守ってあげるよ!という力強い決心が感じられます。


いかがですか?
赤ちゃんの足の裏って、本当にステキですよね!
特に赤ちゃんの足の指に結婚指輪を引っ掛ける写真は、外国ではかなりポピュラーな題材のようです。
こうした写真、1枚撮っておくと、部屋にさりげなく飾っても美しいですし、とてもオシャレだと思いますよ!

サブコンテンツ

このページの先頭へ