赤ちゃんの思いがけないポーズにキャプションをつけてみる

赤ちゃんは本当に予想外の動きをしますよね。一瞬もじっとしていてくれない。
だからなかなかベストショットを撮るのが難しい。
失敗写真が山のように・・・でもまあ最近はデジカメだから失敗写真でもそんなに痛くはないですが。

でも、中には逆に適当に赤ちゃんを撮っていたら思いがけなくナイスな写真が撮れてしまうこともあります。
赤ちゃんとしてはそんなつもりはないのだけど、大人の真似をしたようなポーズをしていたり、ヘンテコな顔をしていたり・・・

ここでは、そんな「奇跡のナイスショット赤ちゃん」をご紹介します。
ちょっとしたキャプションをつけると、なおのこと面白くなりますので、
下にキャプションをつけてみました。


まずはこれ。思わず笑ってしまう写真です。
や~~め~~て~~~!!!

や~~め~~て~~~!!!

親の愛情はわかりますが、赤ちゃんにとっては災難ですよねー。


次は、どの赤ちゃんもやるけど、なかなか決定的瞬間は撮るのが難しいポーズ。
スーパーマンでちゅ。

スーパーマンでちゅ。

赤ちゃんの目がしっかり前を向いているのがスーパーマンっぽいですよね。


次は、寝相アートにも通じる写真。
酔っぱらいまちた。

酔っぱらいまちた。

でも、おねむの赤ちゃんをうまく撮るのは寝ている赤ちゃんを撮るよりもずっと難しいはず。
よくこの奇跡ショットが撮れましたねー。


次は、ちょっとシュールな一枚。
ぶんぶく茶釜じゃないよ!

ぶんぶく茶釜じゃないよ!

これ、やかんの底が抜けているとい事?ですよね?いくら赤ちゃん小さいと言ってもやかんには入らないと思うし。


最後は、スタイリッシュな白黒写真。
最敬礼!

最敬礼!

これはなんでしょうね?こんな苦しいポーズをしてなにを訴えたいのでしょうか・・・?
頭に血がのぼっちゃいますよ?

ということで、赤ちゃんの思いがけない面白ポーズ集、いかがでした?
やっぱりこうした奇跡の一枚は、何枚も何枚も写真を撮っているからこそ。
やっぱり赤ちゃんはたくさん写真を撮ってあげたいですよね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ