赤ちゃんと戦争

なんだかこの頃世の中がきな臭くなってきましたね・・・
本当に、このまま進んでしまっていいのか?
ちょっと不安になります。

せめて小さな子供や赤ちゃんは危ないことに巻き込まれて欲しくない。
そういう気持ちを持つのは誰しも同じでしょう。

でも、ずる賢い人は、その願いを逆手に取ることがあるのです。
子供に対して優しい笑顔を見せることで、
「自分は危ない人ではないですよー」というのをアピールする。

それは、全部宣伝、作戦なんですね。頭のいい人の。

例えば、この写真をみて下さい。
赤ちゃんとヒトラー
写真には、小さな赤ちゃんが写っています。
とても可愛いです。
そして、それを暖かな眼差し(に見える姿で)見ている男性・・・
もう、これが誰だかは分かりますよね。

なんともおぞましい写真です。

だから、気をつけて下さい。
赤ちゃんや子供に対して、「自分は本当に子供が好きなんです」ということを
ことさらアピールする人は、注意が必要です。
その宣伝に乗って、「この人は子供に対して優しいから、いい人に違いない」
と思うのは、ちょっと待ったほうがいいかもしれません。

その人の本当の姿を、冷静に観察するようにしましょう。
赤ちゃんが大切ならば、なおさらのこと。
赤ちゃんを政治や戦争に利用することは、絶対に止めないといけません!

サブコンテンツ

このページの先頭へ