*

結局カイテキオリゴの原料って、なんなんですか?

「カイテキオリゴの原料って、何?」という疑問。
答えは、とても単純に言ってしまえば「オリゴ糖です」ということになります。
でも、そんな単純なことではないんですね。
というのも、「オリゴ糖」とひとくちに言っても、その種類は実に様々。
ざっと挙げてみるだけでも

  • フラクトオリゴ糖
  • キシロオリゴ糖
  • 大豆オリゴ糖
  • ガラクトオリゴ糖
  • イソマルトオリゴ糖
  • 乳果オリゴ糖(ラクトスクロース)
  • ラフィノース
  • パラチノース
  • キチンオリゴ糖
  • キトサンオリゴ糖
  • コーヒーオリゴ糖

・・・まだまだあります。
そして、それぞれのオリゴ糖によって、人間のおなかに対する効果も様々なのです。

カイテキオリゴでは、よくあるオリゴ糖のように1種類のオリゴ糖だけを配合しているのとは違い、「どうしたら便秘を解消できるようになるか」を徹底的に考え、複数のオリゴ糖を有効に組み合わせています。
そのオリゴ糖の組み合わせの元となる理論「EOS理論」については→こちらのページを参照してみてください。

それでは、カイテキオリゴでは「どの種類のオリゴ糖」を主に配合しているのかという疑問ですが、
それについては

原料は北海道のビート(てん菜)を原料とする、ラフィノースオリゴ糖をメインに、牛乳、樹木を原料とする、厳選された高純度のオリゴ糖

が主成分です。
ビート(てん菜)は、別名「さとう大根」とも呼ばれ、北海道の特産品の一つでもあります。
カイテキオリゴを販売している「北の快適工房」も北海道の会社。いわば地元の名産品を使った健康食品なんですね。

原料がさとう大根というと、甘ったるい砂糖を想像しがちですが、ラフィノースは甘味はスクロースの約20%、カロリーは約半分。ほとんど甘さは感じません。だから赤ちゃんに飲ませても糖分のとりすぎにはならないですし、料理に混ぜても味を壊すようなこともありません。安心して毎日飲むことが出来ます

赤ちゃんの便秘にはコレ!

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

赤ちゃんの便秘にはコレ!

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)
  • 赤ちゃんトキの声をあげる
    可愛い赤ちゃんの画像や動画がいっぱい!とても可愛いので、ぜひ癒されてください!

PAGE TOP ↑