*

カイテキオリゴは過敏性腸症候群に効果があるの?

赤ちゃんも妊婦さんもお年寄りも飲めて、しかも便秘にバツグンの効果があるオリゴ糖サプリメント「カイテキオリゴ」
多くの人がその効果を実感しているのですが、中にはこんな方も。
「自分は過敏性腸症候群の便秘型なのですが、カイテキオリゴは過敏性大腸症候群にも効果があるのでしょうか?」

近年は便秘の原因として過敏性腸症候群になっている人が急増しています。
ですから、こうした疑問を持つ人が多くいても、不思議ではありません。
では、カイテキオリゴは過敏性腸症候群に効果があるのか?
その答えは
「カイテキオリゴで過敏性腸症候群を改善するのは難しい
というのが結論になります。

なぜか?

それは、過敏性腸症候群については今のところ「原因が特定されていない」
ということがあります。
過敏性腸症候群は、おそらくストレスが大きく影響しているのではないか、とみられていますが、そのメカニズムについてはまだ不明な部分も多く、お医者さんもどう治療していいかわからない、というのが正直なところなのです。
ですから、今、過敏性腸症候群で病院に行った場合、精神安定剤が処方されるぐらいで、気休め程度にしかならないのです。根本的な治療法がないのが、過敏性腸症候群の難しいところなのです。
カイテキオリゴは腸内にいる善玉菌を活性化させることで腸内環境をきれいに整え、腸の活動を正常化させることで便秘を解消しますが、過敏性腸症候群はそうした一般的な便秘のメカニズムとは全く異なるため、いかにカイテキオリゴが便秘に効果的といっても、力の発揮のしようがないのです。
でも、これはカイテキオリゴに限らず、ほとんどの便秘解消サプリメントは過敏性腸症候群には効果がありません。特にセンナなどを配合した下剤や便秘薬は過敏性腸症候群を悪化させるので、絶対に飲んではいけないことになっています。気をつけてください。
もう、過敏性腸症候群の便秘には手のうちようがない・・・というのがこれまでの現実でした。

ですが、最近になって過敏性腸症候群に対して有効と思われる成分が発見されました。
それがインド原産の植物「プランタゴ・オバタ」の種皮。
これがどうやら過敏性腸症候群に効果があるらしいということがわかってきました。
日本における健康食品のオーソリティ、独立行政法人国立健康・栄養研究所の
「健康食品」の安全性・有効性情報にも

ドイツのコミッションE (薬用植物評価委員会) は、ブロンドサイリウムの種子および種皮について、慢性便秘、便を軟らかくして排便を容易にすることが望まれる疾患 (裂肛、痔核、直腸および肛門の手術後、妊娠中) 、下痢の補助的治療、過敏性大腸の治療に対する利用を承認している。

と書かれているように、医学的根拠のある情報です。

ただし、赤ちゃんはプランタゴ・オバタは飲ませることはできません。
とは言っても赤ちゃんで過敏性腸症候群になる子はまずいないので、問題ないでしょう。

このプランタゴ・オバタを主成分としたサプリメントが、「おなか端麗」という商品。
おなか端麗】

過敏性腸症候群でお悩みの方は、カイテキオリゴよりもこのおなか端麗を試してみてください。効果が期待できます。

赤ちゃんの便秘にはコレ!

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

赤ちゃんの便秘にはコレ!

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)
  • 赤ちゃんトキの声をあげる
    可愛い赤ちゃんの画像や動画がいっぱい!とても可愛いので、ぜひ癒されてください!

PAGE TOP ↑