*

大人と赤ちゃんの便秘は原因も対処法もちょっと違います

赤ちゃんが便秘になったからといって、大人の便秘のやり方をそのまま当てはめてみても、
上手くいかないことが多いことをご存知ですか?
というのも、赤ちゃんの腸内は、基本的にとてもキレイで、腸内細菌も善玉菌がほとんどなのです。
これが、成長して様々な食物を食べるようになると一気に悪玉菌が増えてきて、腸内が汚れていってしまうのですね。
ですから、大人の便秘にはヨーグルトなどの乳酸菌で腸内に善玉菌を増やすのが効果的なのですが、赤ちゃんの便秘にはあまり効果がありません。善玉菌の数はじゅうぶん足りているのです。
むしろ、赤ちゃんの便秘にはヨーグルトなどよりもオリゴ糖などをあげて、弱っている善玉菌を元気にさせてあげるのが効果的です。

そして、赤ちゃんの便秘の原因として多いのが、食事量の少なさです。
生まれたばかりの赤ちゃんであればミルクの量、離乳食を始めた赤ちゃんであれば食事の量と質が良くないと、便秘がちになることがあります。
便秘の赤ちゃんは食欲が無いため、あまりミルクを飲んでくれなかったり、食事を食べてくれなかったりすることが多く、それが便秘を悪化させるという悪循環に陥りがちなのですが、だからといって無理に食べさせるのは逆効果。
そういう時は、一度綿棒浣腸などでおなかをスッキリとさせて、食欲が回復したところで、ミルクや離乳食をあげてください。
ミルクの場合はこちらにも書いたように母乳のほうが便秘になりにくいのですが、母乳が無理なようでしたら市販のミルクにオリゴ糖を足してあげましょう。効果が期待できます。
離乳食の場合は食物繊維の多い食材を意識して食べさせてあげてください。
食物繊維が多い食材はサラダの材料となる葉物よりも、海藻類やフルーツに多く含まれています。

赤ちゃんの便秘にはコレ!

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

赤ちゃんの便秘にはコレ!

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)
  • 赤ちゃんトキの声をあげる
    可愛い赤ちゃんの画像や動画がいっぱい!とても可愛いので、ぜひ癒されてください!

PAGE TOP ↑